ニセモノの薬を見分ける方法

体重を気にする男性

最近では患者が薬を手に入れる方法は、病院や薬局に行くだけではなく、様々な方法があります。
個人輸入で海外から入手される方もおり、便利な世の中になりました。

一方で薬剤師を通さずに薬を入手した場合、気を付けなければならないのがニセモノの問題です。
高価なお金を払ってニセモノを掴まされるケースが多発しているのです。

薬はカプセルや錠剤の形になっていますから、一見して見分けるのは困難です。
色や形はもちろんロゴまで入れている場合もありますから、外見で判別をつけるのはとても難しいのです。

そうした中で、見た目以外のニセモノ薬の見分け方を確認しておきましょう。

例えばその薬が溶解するものであった場合、溶け方によって純正品とニセモノを見分ける方法があります。
薬によっては、純正品がどの程度の時間でどのような状態になるのか検証しているサイトもありますので、大変お手軽な見分け方と言えます。

また中には錠剤そのもののデキは良くても、それらを入れたパッケージの作りが荒いものがあります。
パッケージに書かれた住所や成分が純正品と同じものであるか、よく確認してみましょう。

同様に、瓶のラベルに書かれている情報を確認する事も有効です。