個人輸入はリスクがいっぱい?

心配している肥満の男性

私たちは毎日生活していると何らかの病気にかかる場合があります。
その程度や症状は実に様々です。
安静にしておけば治るもの、薬局で薬を購入して服用していれば治るもの、病院で医師の診察を受ければ治るもの、命に関わるようなものなどです。
このように私たち人間の体は病気の程度と症状によって対応が変わるのです。

多くの病気は日本の病院や薬局に行けば対応してもらうことが可能です。
しかし、日本の病院や薬局でも取り扱いの無い薬が存在します。
このような薬は海外製のものが多く、日本国内での取り扱いが認可されていないのです。
理由は安全性が確認できておらず、リスクが高いと判断されているからです。
国内での扱いはしていない代わりに、自分で海外から輸入して使用することは認められています。
これを個人輸入と呼んでいます。

個人輸入は海外から取り寄せるために日本国内の業者を仲介して入手します。
海外の薬を入手するのに直接海外のサイトから申し込む場合や電話をして現地の人とやり取りをすることも可能ですが、ほとんどの人はこのように仲介業者のサイトを通じて海外の薬を手に入れるのです。
現在ではこのような方法で手にする人が増え、より海外の薬が身近になっているのです。

サイト内検索
人気記事一覧
1
心配している肥満の男性

個人輸入はリスクがいっぱい?

2019年08月10日

(271 Views)

2
ハンバーガーを食べる男性
健康な人がグルコバイを買う方法

2019年07月22日

(233 Views)

3
体重を気にする男性
ニセモノの薬を見分ける方法

2019年08月28日

(182 Views)

4
スリムな女性
5
No image